高橋一生さんは高学歴なの?青山?壮絶な生い立ちについて

遅咲きのブレイク俳優の高橋一生さん。

1995年に公開された「耳をすませば」では天沢聖司の声を担当したこともあり、知っている方も多いと思います。

最近では「おんな城主 直虎」などに出演し、活躍の幅を広げています。

そんな高橋一生さんの生い立ちや学歴についての話題について取り上げてみたいと思います。

スポンサードサーチ

プロフィール

生年月日・1980年12月9日

出身地・東京都

事務所・舞プロモーション

1990年の映画「ほしをつぐもの」で映画初出演し、1995年に「耳をすませば」で天沢聖司の声を演じました。

2001年からは劇団扉座に入団し、舞台でも活躍しています。

2017年には大河ドラマ「おんな城主 直虎」や連続テレビ小説「わろてんか」に出演し、女性誌「an・an」では2017年上半期ブレイク俳優ランキングで首位をとるなどブレイクを果たしました。

弟にはロックバンド「never young beach」の安倍勇麿がいます。

学歴は?

高橋一生さんには高学歴なのでは?という噂が流れたことがあるそうです。

ですが実際の学歴は、高卒で大学には進学していないそうです。

因みに高校は「堀越高校」という高校らしいです。

弟の安倍勇麿さんからの情報らしいので間違いないと思います。

ではなぜ高学歴では?という噂が流れたのかというと、実は「高橋一生」という同姓同名の方がいたそうで、その方の通っていた大学が国際基督教大学教養学部。

この方と間違えて俳優の「高橋一生」は高学歴という噂が流れたそうです。

他にも青山の小学校に通っていたという噂があったそうですが、これは本人が港区の小学校に通っていたと言っているのでガセネタのようです。

生い立ちについて

高橋一生さんの弟が安倍勇麿さんだと分かったときに、家族構成について注目を集めました。

それがなぜかというと二人の名字が違うためですね。

「高橋」と「安倍」兄弟なのになぜ名字が違うのかというと

高橋一生さんの母親は3回結婚を繰り返しているからだそうです。

高橋一生の兄弟は安倍勇麿さんと3人いるようです。

その兄弟たちの父親は

高橋一生→1人目の父親

次男と三男(安倍勇麿)→2人目の父親

四男と五男→3人目の父親

とバラバラです。

こんな複雑な家庭環境ですがさらに3人目の父親と母親が他界してしまったそうです。

父親の死因については分からないのですが、母親の死因は「癌」だったらしく2015年に高橋一生さんに看取られながら息を引き取ったそうです。

まとめ

高橋一生さんの学歴、生い立ちについてまとめてみました。

父親が3人というなかなかに複雑な家庭環境に育ちながらも俳優として活躍しています。

他の兄弟たちもそれぞれの道を歩んでいるそうです。

これからの高橋一生さんの活躍だけでなく兄弟たちの活躍も応援していきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする