男の悩み汗っかきを治す・改善する方法は?

周りの人は大して汗をかいていないのに、自分だけ汗が止まらないなんてことありませんか?

汗は体から熱を逃がし、体温を一定にしてくれる効果があり必要になるものなんですが、自分だけ汗ダラダラだとなんか恥ずかしいですよね。

そこで今回は汗っかきの方にお勧めの改善方法についてまとめていきたいと思います。

スポンサードサーチ

イソフラボンを摂取する

大豆に多く含まれている「イソフラボン」

女性ホルモンに似た機能を持っている為、代謝の向上、更年期障害の予防、育毛、抜け毛予防にも効果があるようで、人気を集めています。

そんなイソフラボンですが多汗症の治療にも効果があるようです。

多汗症は、ホルモンバランスの乱れやストレスで、手や顔など色々なところから汗が出る症状のことです。

男性ホルモンが多い人ほど、汗をかきやすいようで、対となる女性ホルモンには発汗を抑制する機能があるため、イソフラボンを摂取してホルモンバランスを整えると汗っかきが改善するということです。

因みにイソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品に含まれています。

DHC 大豆イソフラボン 吸収型 30日分

新品価格
¥1,218から
(2019/4/9 19:22時点)

リンパ節を冷やす

リンパ節は首の後ろ、脇の下や太ももの付け根などに通っています。

特に首の後ろはリンパ節に加えて、太い血管も通っているので、そこを冷やすと一気に体温が下がり、発汗を抑えることができます。

冷却シートを貼るのが一番効果がありますが、冷たいペットボトルや冷やしたタオルを当てるだけでも効果があります。

熱さまシート 冷却シート 大人用 12枚

新品価格
¥490から
(2019/4/9 19:23時点)

自律神経を整える

汗腺のコントロールは自律神経によって管理されています。

この自律神経が乱れると、この働きが乱れて、必要以上に汗が出てしまう事につながります。

この自律神経を整える方法としては

朝食を食べる

お風呂に入る

腸内環境を整える

軽めの運動を行う

です。

こんな当たり前の行動でも、自律神経を整えるためには必要なことですので、しっかりと行いましょう。

肉食を控える

食べ物を食べると胃で消化、吸収され肝臓でエネルギーに変わるのですが、その際、肉に含まれているタンパク質は多くの熱を発生するため、体温が上がり、汗が出るようになってしまいます。

また肉を食べた後かく汗は、においがきつくなることがあります。

肉を食べるとアンモニアが生成されるのですが、肝臓や腎臓の能力が低下すると汗として体外に放出されます。

その為汗が臭くなるということです。

どうしても肉を食べたい場合は、豆腐やごぼうなど食物繊維を多く含んでいる食材を一緒に食べると匂いのもととなる物質を取り込んでくれるので一緒に食べるといいでしょう。

まとめ

汗っかきを治す・改善する方法についてまとめてみました。

他にも制汗スプレーを使ったりする方法もありますので自分に合った改善方法を見つけてみてくださいね。

エージーデオ24 パウダースプレー 無香料 180g (医薬部外品)

新品価格
¥1,280から
(2019/4/9 19:24時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする