新人俳優賞受賞!伊藤健太郎の趣味、特技が独特過ぎる!?

3月1日に行われた第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した伊藤健四郎さん。

ピーター・ファレリー監督の来日会見時にハリウッドについて聞かれた際に「いつか行ってみたい。やっぱり役者という仕事をしている上で興味がある」と発言し、ハリウッドへの進出の可能性について示唆しました。

そこで伊藤健太郎さんいついて調べてみると、趣味や特技が独特だったのでそれについてまとめてみたいと思います。

スポンサードサーチ

プロフィール

生年月日 1997年6月30日

出身地 東京都

職業 俳優

事務所 aoao

14歳で雑誌や広告に出演し、2014年には「俺物語!!」「学校のカイダン」などのドラマに出演し、俳優として活動を始めます。

2018年の6月30日に誕生日を迎え21歳になると芸名を「伊藤健太郎」に変えました。これについて健太郎さんは、「これから役者としてやっていくと決めたときに、20歳までで一区切りという意味でも、伊藤という本名を付けることにしました。」と語っていて、これからも活躍するぞ!という意気込みを感じさせてくれますね。

趣味・特技

伊藤健太郎さんのプロフィールを見てみると、

趣味は

スノーボードと革製品に油を塗りこむこと

特技は

ドロップキックとバスケットボール

となっています。スノーボードとバスケットボールは分かりますが、革製品に油を塗りこむのと、ドロップキック。これが趣味、特技の方はなかなかいませんよね(笑)

そこでドロップキックと革製品に油を塗りこむこととはどういうものなのか調べていきたいと思います。

ドロップキック

ドロップキックについて調べてみると、プロレス技のドロップキックとラグビーの技術のドロップキックという物があるそうです。

伊藤健太郎さんがラグビーをやっていたという情報は見つからなかったので、ドロップキックと聞いてすぐ思いつくプロレス技の方のドロップキックが特技だと思われます。

色々調べてみたんですが、伊藤健太郎さんがドロップキックをしている情報、画像が出てこなかったので間違っていたらすいません🙇

ドロップキックにはいろいろな種類があるようで、正面飛び式、スクリュー式、一回転式など色々な種類があるみたいで、ジャイアント馬場が繰り出した、32文人間ロケット砲なんてのもあるようです。

派生技として、仮面ライダーのライダーキックから着想された片足で行うドロップキック「ライダーキック」という物があり、俳優として活躍している、伊藤健太郎さんの特技のドロップキックはこの技かもしれませんね。

革製品に油を塗りこむ

革製品に油を塗りこむと聞いても、どんな行動なのかなかなか思いつかないと思います。

私も知識がなく良く分からないのですが、おそらく、革製品のメンテナンスだと思われます。こちらも間違っていたらすいません🙇

革製品のメンテナンスで分かりやすいのは、靴磨きですかね。

産業革命時代の映画、アニメで少年が道端で靴磨きをしているシーンが出ることがありますが、あれを靴だけでなく様々な革製品に行うのが趣味なんだと思います。

私が参考にした靴磨きのやり方のサイトによると主な流れは

1ブラシをかけて、チリやホコリを落とす

2汚れている際は、クリーナーを使う

3オイルを塗って栄養補給

4再びブラシをかける

5防水クリームを塗る

だそうです。

オイルを塗る作業が出てきましたね。このオイルは健太郎さんが言う油のことでいいんでしょうかね。

このオイルを塗るという作業は、革に栄養を与え、革のひび割れ、老化を防ぎ、潤いやツヤをだすことができるようです。

俳優という見た目が大事になる職業をしている健太郎さんにとっては一石二鳥になる趣味のようですね。

まとめ

伊藤健太郎さんの趣味・特技についてまとめてみました。

情報が少なく、紹介したことが健太郎さんの趣味ではないかもしれませんので、間違っていたらすいません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする