潔癖症で有名な本郷奏多の子役時代写真が可愛い

「GANTZ」や「進撃の巨人」「アカギ」など漫画が原作の映画やドラマに多く出演している本郷奏多さん。

神木隆之介さんと仲が良いそうで子役時代からの仲だったそうです。イケメン同士仲良くしている姿がよく見られていてたくさんのファンがいるようですね。

そこで今回は本郷奏多さんについてまとめてみたいと思います。

スポンサードサーチ

プロフィール

生年月日 1990年11月15日

出身地 宮城県仙台市

身長 174cm

事務所 スターダストプロモーション

趣味はガンプラ、ゲーム、音楽鑑賞、テニス、ベース、ギター、写真、ビリヤード、ダーツと多趣味なようです。

以前ガンプラ好きな事がテレビで特集されて、200体以上のガンプラが飾られているようです。中には世界に500体しかない限定のガンプラもあるんだとか。

「奏多」という名前は兄が「遥」という名前で兄弟あわせて「はるかかなた」にしようということで奏多になったそうです。

因みに漢字は「奏太」になる予定だったそうですが、祖父が画数が悪いから「奏多」がいいと言ったためこの漢字になったそうです。

子役時代の活躍

小さいころから綺麗な顔立ちで可愛らしい子供の頃の本郷奏多さん。

13歳ごろから映画などに出演していて、15歳の頃には「HINOKIO」という映画で初主演を果たします。

その後にもGACKTさん原案の「MOON CHILD」では主人公の子供時代を演じました。

GACKTさんをはじめ、HYDEさんとも共演したのですがその後も交友関係が続いているそうで、20歳になった時には、お酒の飲み方を教わったりしたそうです。

性格

プライベートではマイペースに動きたい性格で、初対面の人に話しかける事が苦手みたいですね。

また潔癖症、偏食、日光が苦手などちょっと不思議な性格をしているようです。

特に潔癖症なのは有名で、玄関には汚い服で自宅にやってきた友人用に着替え用の服を用意していたり、人の作った食事を食べることが嫌いで、彼女が作ってくれた料理を食べなかったこともあるんだとか。

他にも外出時には、ウェットティッシュが手放せなかったり、そもそも菌のおおい外に出たくないという極度の潔癖症なようですね。

人の作った食事を食べることが苦手なので、主食はもっぱらグミで済ませているそうです。

これらのことからネット上では「めんどくさい性格」「ただの自己中」とかなり酷評されているみたいですね。

好みの女性のタイプ

本郷奏多さんの好きな女性のタイプは小さくて、可愛くて、賢いことが絶対条件なんだそうです。

けっこうハードルが高いですね…

そして趣味である、ガンプラを理解してくれることも重要とのこと。

まあ結婚するなら自分の趣味を理解してくれる人の方がいいですもんね。

まとめ

原作のある作品に多く出演する本郷奏多さんについてまとめてみました。

原作ファンに失礼がないようにしっかりと勉強してから演じているそうで、仕事に対してストイックな一面を見せてくれています。

ネット上では性格について酷評されることが多いみたいですが、役者としては尊敬できる人間の一人なのは間違いないでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする