ヨーグルトを食べるタイミングは食前?食後?寝る前?

ヨーグルトは美容や健康に良い効果があると言われていて、花粉症にも効果があるともいわれている為、よく食べている方も多いと思います。

そんなヨーグルトの栄養を効果的に摂取できるタイミングを皆さんは知っていますか?

そこで今回はヨーグルトを食べるタイミングについてまとめてみたいと思います。

毎年流行するインフルエンザ、今年は去年よりも大流行してるということで多くの方がインフルエンザ予防、風邪予防をしていると思います。そのインフルエンザ、風邪予防には手洗いうがい、マスクの着用、インフルエンザの予防接種などいろいろありますよね。ヨーグルトを食べることも効果的だということで今回はヨーグルトの予防効果についてまとめてみたいと思います。

スポンサードサーチ

ヨーグルトの効果

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれていることは皆さん知っていると思います。

乳酸菌は腸内で悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

悪玉菌の増殖を抑えることによって以下の効果が表れるようになります。

便秘が改善する

人間の腸内には約1万種類以上の腸内細菌がいます。

この腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌がいますが、便秘になっている時には、悪玉菌が多い状態になっています。

そして乳酸菌は善玉菌の数を増やし、悪玉菌を吸着して排出する働きをしてくれます。こうして腸内環境が整えられます。

この為、ヨーグルトを食べると便秘が改善されます。

明治 ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン【クール便】(400g×6コ) 特定保健用食品

新品価格
¥2,210から
(2019/3/23 19:22時点)

美容、ダイエットに効果的

先ほど書いたように、ヨーグルトを食べ、乳酸菌をとると、腸内環境が整えられます。

腸内環境が良くなると、代謝も良くなり、ダイエットが効果的に行うことができます。

さらに代謝が良くなることで、ニキビなどの出来物の改善にも効果があります。

免疫力が上がる

腸にはわざと有害物質を取り込み、免疫力を鍛えるパイエル板という場所があります。腸内環境が良くなれば免疫力アップにも効果があるのですが、免疫細胞が過剰に反応するとアレルギー反応を起こしたりします。

乳酸菌にはこの免疫細胞の働きを正常にしてくれる働きもあるため、花粉症などの症状の緩和につながります。

明治ヨーグルトR-1 112g×24個

新品価格
¥3,240から
(2019/3/23 19:22時点)

ヨーグルトを食べるタイミングは?

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃酸に弱く、胃に入ったときにはほとんどが死んでしまっていると言われています。

この為、ヨーグルトを食べるタイミングは、食後がいいと言われています。

便秘などお腹の調子を整えたい場合は食後に摂取した方がいいですが、ダイエット目的でヨーグルトを食べるなら、食前の方がいい場合もあります。

食前に食べることで、おなかが膨れ、食事量が減るためです。

ですが、乳酸菌を腸まで送るためにも、食前よりも食後の方がいいでしょう。

明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ 【112ml×24本】

新品価格
¥2,950から
(2019/3/23 19:24時点)

ヨーグルトを食べるなら夜

腸には腸内活動が活発になる「腸のゴールデンタイム」という物があります。

この時間帯は22時から深夜2時の間です。

この為、朝にヨーグルトを食べるよりも、夜に食べた方がいいでしょう。

また夜にヨーグルトを食べる際には、ぬるめのお湯にヨーグルトを入れた容器を入れて、人肌程度に温めてから食べると、腸を冷やさずに済み、より乳酸菌を摂取できます。

ですが温めすぎると乳酸菌が死んでしまうため注意しましょう。

まとめ

ヨーグルトの食べるタイミングについてまとめてみました。

腸内環境を整えてくれるヨーグルト。乳酸菌を定着させるために10日以上は食べ続けると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする