宮沢氷魚の読み方は?目の色が綺麗だと話題に!

モデルやタレント、俳優と様々な活躍をしている宮沢氷魚さん。

最近ではトドメの接吻に出演し話題にもなりました。そんな宮沢氷魚さんの目の色がきれいだと話題になっていたのでまとめてみたいと思います。

スポンサードサーチ

プロフィール

出身地・アメリカ合衆国 サンフランシスコ

生年月日・1994年4月24日

身長・184㎝

父が日本人、母が日本人とアメリカ人のハーフで日本語と英語が話せるようです。

趣味は野球、釣り 特技は陸上、サッカー、クロスカントリーでスポーツ万能として有名です。

2015年に開催された「MEN’S NON-NO」専属モデルオーディションでグランプリを獲得、その後専属モデルとしてデビューしています。

名前の呼び方

「宮沢氷魚」さんの名前、一発で読める方は少ないと思います。

そんな宮沢氷魚の読み方は「みやざわ ひお」と読みます。

この名前はお父さんが釣りが好きで、鮎の稚魚の名前「氷魚」から名付けられたそうです。ちなみに読み方は「ひうお」と呼ぶそうです。

氷魚は寒い冷たい水の中で育っていく魚で、「どんな環境の中でも強く育ってほしい」という願いをこめて氷魚(ひお)と名付けたみたいです。

父親である宮沢和史さんは、元THE BOOMのボーカルとして活躍していたそうで、社会、芸能界の厳しさの知っているからこそ強く生きてほしいと思ったんでしょうね。

目の色が綺麗

宮沢氷魚さんの目の色が綺麗だと話題になりました。あまりにも綺麗なのでカラコンなのでは?とネット上で話題になったほどです。

その目の色は、灰色と茶色のミックス。

お母さんがアメリカ人と日本人のハーフだからこそ出る色なんでしょうね。

兄弟は?

宮沢氷魚さんの兄弟は、二歳離れた弟と四歳離れた妹がいるそうです。

因みに名前は 弟の方が 海実 (かいみ)

       妹の方が 琉歌 (るか)

で二人とも芸能活動はしていないそうですが、氷魚さん続いて芸能界デビューするかもしれませんね。

まとめ

宮沢氷魚さんについてまとめてみました。

モデルだけでなく、俳優でも活躍していて、バラエティでも成功したいと語っていたそうですので、これからも活躍している姿を見られそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする