お酒を飲んだ時に顔が赤くなるのを改善・予防する方法

大人になると飲めるようになるお酒。お酒に強い人、弱い人がいますが、お酒を飲むと顔が赤くなってしまう人もいます。飲み会の席で顔が赤くなってしまい恥ずかしい、周りに心配される、そんな悩みを持っている方がいるそうです。

そこで今回はお酒を飲んでも顔が赤くならなくなる方法についてまとめてみたいと思います。

スポンサードサーチ

顔が赤くなる原因

お酒を飲むとアルコールが肝臓で分解されます。

その過程でアセトアルデヒトという物質が作られます。このアセトアルデヒドが血液中に多く含まれるようになると血管が太くなり顔が赤くなるそうです。

また顔が赤くなるのは遺伝のせいでもあります。日本人は比較的アルコールに弱い人が多いため無理にお酒を飲んだりしないようにしましょう。

顔が赤くならない方法

空きっ腹を避ける

お腹が空いている状態でアルコールを摂取するとアルコールを一気に分解し、アセトアルデヒドも一気に作られます。

これを防ぐためにもある程度お腹を膨らませてからお酒を飲むか、つまみを一緒に食べるといいでしょう。

水を飲む

お酒を飲んでいる合間に水を飲んで、アルコールを薄めましょう。

アルコールが薄まれば、肝臓の負担を軽くすることができますので顔が赤くなるのを防いでくれます。

しじみを摂取する

しじみは肝臓の働きを補助したり、アルコールの排出を促したりする働きがあります。

また、しじみの味噌汁は二日酔いの予防や改善に効果があるそうでお勧めです。

永谷園 1杯でしじみ70個分のちから みそ汁 合わせ 徳用 10食入×5個

新品価格
¥1,481から
(2019/3/2 21:23時点)

ウコンを摂る

ウコンには、アセトアルデヒドの血中濃度を抑える効果があります。

ウコンのサプリや栄養ドリンクをお酒を飲む30分前には飲むようにするといいでしょう。

ウコンの力 ウコンエキスドリンク 100ml×6本

新品価格
¥698から
(2019/3/2 21:22時点)

まとめ

お酒を飲んだ時に顔が赤くなるのを防ぐ方法をまとめてみました。

今までは赤くならなかったのに急に赤くなるようになった方はもしかしたら肝臓が弱っている可能性もあるので注意しましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする