眠いのに寝れない理由って何?

眠いのに眠れない時ってありますよね。次の日が仕事だと寝なきゃ寝なきゃと思っているうちに目がさえてしまい寝れなくなってしまったりしますよね。そこで今回は眠れなくなってしまう理由や原因を調べてみたいと思います。

夜眠れない時ってありますよね。次の日に仕事があったりすると眠れないことにイライラしてしまいますよね。こんな時は目を閉じて横になっているだけで大丈夫という話があったのでこれについて調べてみたいと思います。

スポンサードサーチ

ストレス

知らず知らずのうちに日常生活、職場などでストレスを受けていると思います。

このストレスがたまってくると快眠の障害になってしまいます。

ストレスは交感神経を刺激します。昼間に交感神経が活発になっているだけならいいのですが、夜間でも昼間の時のように交感神経を刺激し脳が興奮し寝つきが悪くなります。

精神疾患

鬱病などの精神疾患は睡眠障害を併発することが多いです。 眠気を感じていても不安感や気分の落ち込みのせいで睡眠がしにくくなってしまいます。

治すには専門家や医師の手助けが必要な場合がありますので病院などへの受診した方がいいでしょう。

アルコールやカフェイン、ニコチン

寝る前にお酒、コーヒーを飲んだり、タバコを吸うことは睡眠にとってマイナスになります。

アルコールには入眠しやすくさせる働きがありますが、これは睡眠の質を低下させます。一度目が覚めてしまったら、覚醒してしまいもう一度眠りにくい状況になってしまいます。

ニコチンには交感神経を刺激する働きがあります。そのためタバコを吸うと脳が覚醒してしまい寝つきが悪くなってしまいます。

体の痛み、咳

睡眠時は体の姿勢が固定されるため一部の部位に負担がかかってしまいます。

寝返りの少ない人は負担がずっと同じ場所にかかっているので快眠の妨げになってしまいます。

また怪我をしていたり、咳がひどいと眠りを妨げます。絶え間なく咳が出ている状態が続くと夜中に何度も目が覚めてしまうため、睡眠を阻害してしまいます。

生活習慣

海外旅行した時の時差ボケや夜勤などで昼夜逆転してしまうと、体内時計のずれで睡眠が妨害されてしまいます

まとめ

眠れない原因は様々ですが、自分が眠れない理由をしっかり把握し対処することが大事になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする