食中毒になったときの対処法は?食べ物は食べてもいいの?

食中毒は気を付けていても突然襲ってくる時があります。食中毒にならないための方法は知っていると思いますが食中毒になったときの対処法ってそこまで知られていないと思います。

そこで食中毒になったときの対処法と食中毒中に食べるといい食べ物を紹介したいと思います。

韓国からの輸入食品から大腸菌群が見つかることが増えてきているというニュースがありました。下痢や腹痛などで人に危害を及ぼすものや害のないものがあります。その中の人に害を及ぼす大腸菌の種類について調べていきたいと思います。

スポンサードサーチ

対処法

症状の重いときや体が弱っている時はすぐに病院に行き診察してもらいましょう。

症状が軽いときは自宅で安静にしていれば治ることがあります。そこで症状が比較的軽いときの対処法について紹介していきたいと思います。

下痢や吐き気を無理に止めない

下痢や吐き気がある時は無理に止めずに水分をしっかりとることに専念してください。体の中の食中毒の原因を体の中から出せず体の中で細菌が増えてしまうからです。

下痢や吐き気は体の自然な反応ですので薬を利用せず体の中から細菌を外に出した方が早く治るでしょう。

水分を良くとる

吐き気、下痢のせいで体の中の水分が出て行ってしまうので水分をよく取りましょう。もし脱水症状になると最悪死亡してしまう可能性が出てくるので注意しましょう。

水分補給する際に注意した方がいいことがあります。

・冷たい水を飲まない

冷たいものを飲むと食中毒でダメージを受けているのにさらにダメージを受けてしまいます。

なので冷たいものではなく常温の飲み物を飲むようにしましょう。

またスポーツドリンクは塩分が含まれていますし体への水分吸収が早くお勧めですが糖分が含まれているので摂りすぎには注意です。

お勧めの食べ物

吐き気が強く食欲がないときは無理に食べることはしなくても大丈夫です。

もし食べる際は、おかゆなど胃腸に負担のかからないものを食べるといいでしょう。

食中毒には梅が適しています。おかゆと梅を一緒に接種すると良いでしょう。

また水だけで煮た小豆、冬瓜なんかも効果的と言われています。

小豆はサポニンという吐き気を促す成分が含まれていますので体の中にある食中毒の原因を吐き出すことができます。

冬瓜は魚介類などが原因の食中毒に効果的です。

まとめ

食中毒の対処法、お勧めの食べ物の紹介をしてみました。

食中毒にかかってしまったら水分をとることを忘れないようにしましょう。

もし症状が悪いときやなかなか治らなかったら受診してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする