2019年も大流行!熱の出ないインフルエンザに注意!

2019年も大流行しているインフルエンザですが、熱がでない隠れインフルエンザがあるということです。

インフルエンザだと気づかずに学校や職場に行ってしまい拡大しまうこともあると思います。

そこで今回はなぜ熱の出ないインフルエンザがあるのかまとめてみたいと思います。

毎年流行するインフルエンザ、今年は去年よりも大流行してるということで多くの方がインフルエンザ予防、風邪予防をしていると思います。そのインフルエンザ、風邪予防には手洗いうがい、マスクの着用、インフルエンザの予防接種などいろいろありますよね。ヨーグルトを食べることも効果的だということで今回はヨーグルトの予防効果についてまとめてみたいと思います。

スポンサードサーチ

熱が出ない理由

インフルエンザと言えば38℃を超える高熱が出るイメージがありますよね。

咳が出てても熱がないからインフルエンザではなくただの風邪かな?と安心してしまいますがインフルエンザ=高熱ではないので注意が必要です。

インフルエンザB型だから

インフルエンザA型は38℃を超える高熱がでますが、B型は37℃程の微熱の時があるので注意が必要です。

B型の症状としては

・微熱や高熱が出る

・筋肉痛、関節痛

・倦怠感

・頭痛

・咳

・胃炎、腹痛

・嘔吐、下痢

等があります。

風邪薬を飲んだため

インフルエンザか風邪か分からない段階で風邪薬を飲んだため、熱が下がってしまっている可能性があります。

風邪薬を飲むと、発熱、頭痛を和らげますが一時的な効果しかありませんので注意しましょう。

薬の作用で熱がなくても関節痛などが現れた際は、病院に行き検査してもらいましょう。

免疫力が低下しているから

通常熱が出る仕組みは、ウイルスが体の中に入ったら、ウイルスと戦うため、排除するため熱を出してウイルスと戦うのですが、免疫力の低下している特に高齢者のかたは熱が出ないことがあります。

熱が出ないとウイルスが増えてしまい、合併症などが発生する可能性があるので

関節痛、頭痛、倦怠感を感じたら病院に行きましょう。

予防接種を受けた

インフルエンザの予防接種をうけた状態でインフルエンザにかかると熱が出ない可能性があるそうです。

予防接種で症状が軽減されるためです。

ですがいくら軽減されているといっても外出を控えてゆっくり休みましょう。

まとめ

今年は雨が少なく乾燥しているそうなのでインフルエンザに注意が必要です。

少しでも体の異変を感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする