風邪予防・インフルエンザ予防にはヨーグルトがおすすめ!

毎年流行するインフルエンザ、今年は去年よりも大流行してるということで多くの方がインフルエンザ予防、風邪予防をしていると思います。

そのインフルエンザ、風邪予防には手洗いうがい、マスクの着用、インフルエンザの予防接種などいろいろありますよね。

ヨーグルトを食べることも効果的だということで今回はヨーグルトの予防効果についてまとめてみたいと思います。

スポンサードサーチ

ヨーグルトの予防効果

ヨーグルトが風邪、インフルエンザ予防に効果があるといわれている理由は免疫力の強化に期待できるためです。

これは免疫細胞の約7割が腸の中で作られている為です。

ヨーグルトのなかに含まれている乳酸菌が腸の善玉菌の餌となり、善玉菌の活動を活発にしてくれるからです。

そうなると免疫力が上がり風邪にかかりにくくなります。

また腸の調子が良くなることで、便秘の改善、美容にも効果があるのでお勧めです。

風邪をひいたときでも、のどの痛み、タンや咳の症状を軽減するといわれているのでヨーグルトを食べ続けた方がいいのですが、何か薬を摂取している際は、高血圧などの症状が出る可能性があるので時間をおいてから食べるようにしましょう。

ヨーグルトと一緒に食べると良いもの

みかん

昔から「風邪をひいたら、風邪予防にはビタミンをとりましょう」という事を聞きますよね。

このビタミンを含んでいるみかんをヨーグルトに混ぜて、一緒に食べることで栄養を一気に取れるのでお勧めです。

天然はちみつ

風邪をひいている時に食べるヨーグルトの味の調整するときにはあまり白砂糖を使わないよにしましょう。

これは糖質が多い為、身体に負担がかかってしまうためです。

なので味の調整をするなら天然はちみつがおすすめです。

天然はちみつは巣からとってきたはちみつから不純物をとっただけのもので糖類が加えられていないため、身体に負担がかかりにくいです。

そしてはちみつには、ビフィズス菌を増やす効果もあるそうで体調の回復にお勧めです。

まとめ

ヨーグルトの風邪、インフルエンザ予防の効果についてまとめてみました。

今年はインフルエンザが全国的に大流行しているそうなのでヨーグルトを食べて元気に過ごせるようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする