ゲーム障害って病気?どんな症状?診断基準は?

スマホの普及などでオンラインゲームなどに依存し日常生活に支障をきたすとしてとして2018年にWHOが疾病として分類したそうです。

そこで今回はゲーム障害の症状、診断基準について調べてみたいと思います。

スポンサードサーチ

ゲーム障害って?

ゲーム障害とは簡単に言うと、生活に支障(不登校や仕事に行けない)がでるほどゲームに熱中してしまう病気のことです。

職場や学校など競争する環境にいて、癒しを求めてゲームを始めたりします。そしてゲームが上手にできるようになると

「自分でもやればできる」

「結果が残せる」

と安心していき段々ゲームにのめりこんでいきゲーム障害になってしまう可能性があるそうです。

また自己肯定感が低く、また孤独感や疎外感を感じていると

「ゲーム内なら認めてもらえる」

「ゲーム内ならコミュニケーションがとれる」

「ゲーム内なら一人じゃない」

と現実よりもゲームの中の生活に安心感を得られるようになるとゲーム障害に更になりやすくなるそうです。

症状

ゲーム障害の一般的な症状は

・ゲームにとらわれ常にゲームのことを考えている

・ゲームをなかなかやめられない

・ゲームをしないとイライラしたり無気力になりそれを解消しようとしてゲームを始める

等があります。

ゲームのことを常に考えている為、集中力、注意力が低下し学生なら学力低下、会社員ならミスが多発し信用を失うことにつながりかねません。

そしてゲームを長く続けている為、視力低下し運動する機会が減るため肺活量の低下が起こるといわれています。

またゲーム依存症になると脳機能のうち報酬系が変化し不眠、睡眠障害になりやすくなるそうです。ゲームに関する情報を脳が認識すると興奮し寝付きにくくなるためです。この興奮状態が長く続くとイライラし衝動的になり苛立ちを感じるようになります。

このようにゲーム障害の症状は生活に直で影響を与えるものが多いです。

診断基準

このゲーム障害の診断基準は、

家族、仕事関係に支障をきたしている状態が1年続いている状態なら「ゲーム障害」として診断されるそうです。

診断基準のチェック項目としては

・ゲームに夢中で次にやることにワクワクしゲームのことを考えている

・もっと満足するためにゲームの時間を増やすしかないと感じる

・ゲームをやめようとしたがうまくいかなかった事が何度かある

・ゲームをやめようとした際にイライラしたり落ち着かなかったりした

・想像よりも長くゲームをプレイしていたことが何度もある

・ゲームのために友達、家族関係、仕事の機会を棒に振ったことがある

・ゲームにはまっていることを周囲に隠すために嘘をついたことがある

・不安、罪悪感、絶望感から逃れるための方法としてゲームを使う

以上八項目のうち五項目当てはまったらゲーム障害の可能性があるそうです。

まとめ

ゲーム障害の症状、診断基準についてしらべてみました。

もし自分の子供がゲーム障害の可能性があっても無理にゲームを取り上げるのではなく医療機関に行き相談を受けきちんと相手に向き合いゲーム以外の場所にも居場所があるということを伝えるようにしてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする