ちらし寿司の茶碗一杯のカロリーは低い?ダイエットにお勧め!

ちらし寿司はひな祭りをはじめとした祝い事に食べることで有名ですよね。

酢飯の上に様々な具材をのせた寿司の一種で縁起のいい食べ物と言われています。

実はちらし寿司は低カロリーでダイエットにお勧めだということでどのくらいのカロリーがあるのか調べてみたいと思います。

スポンサードサーチ

ちらし寿司とは?

ちらし寿司は酢飯の上に様々な具材をのせた寿司の一種で酢飯の上に様々な具材を「散らす」を語源としているそうです。

たんにちらし寿司を「ちらし」を呼ぶこともあるみたいです。

江戸前握り寿司から派生したもので酢飯を使わない物で海鮮を用いたものを海鮮丼と呼ばれています。

ちらし寿司のカロリーは?

作り方によって変わりますが、酢飯200gの場合大体500kcal~700kcalほどだそうです。

海鮮ちらしで600kcal

さくらでんぶなどを使った五目ちらしで500kcal

一食としては低カロリーです。刺身が乗っているなら酢飯にさえ気をつけていればダイエットにお勧めです。

酢飯

ちらし寿司のカロリーのうち大きな割合を占めているのは酢飯です。

ちらし寿司の一人前の基本的な酢飯の量は200gでお茶碗の1.5杯程あります。

いくら低カロリーといってもそれだけ食べていてはダイエットどころか逆に太ってしまいます。

ダイエット中に食べるのなら酢飯を140gほどに減らすといいでしょう。

もし少なくて食べたりないと思うのなら酢ではなくオリーブオイルをまぶしたりすれば少量でも満足できるようになるようです。

海鮮ちらしの具材

海鮮ちらし寿司の具材でカロリーが低めと言われているのは

鯛、サーモン、ほたて、イカ、エビなどです。

逆にカロリーが高いといわれている具材は

マグロ、サーモン、はまち、いくらなどの魚卵です。

カロリーが多い具材を減らし、イカなど低カロリーの具材を多くしてボリュームを増やすといいでしょう。

またカロリーの多いマグロですが、赤身を使えば脂肪分とカロリーを減らせます。

五目ちらしの具材

五目ちらしの具材は

ごぼう、レンコン、エビ、いくら、さくらでんぶなどが使われています。

ごぼうやレンコン、干しシイタケは砂糖と醤油で煮詰め味付けしてありカロリーが高くなってしまっています。

砂糖をなくし、みりんを利用し煮汁も出汁の風味を聞かせればうまみが感じられ塩気、醤油を少なくできるのでお勧めです。

さくらでんぶは魚の身を砂糖で煮詰めてそぼろにしたものなので高カロリーなので注意しましょう。

まとめ

ちらし寿司のカロリーについて調べてみました。

海鮮ちらしと五目ちらしとでは海鮮ちらしの方がダイエットに向いているそうです。

縁起のいい料理をおいしく食べたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする