博多大吉さんが慢性閉塞性肺疾患!?食事療法の内容とは?

人気お笑いコンビの博多華丸・大吉の大吉さんが慢性閉塞性肺疾患と診断されていたことが分かりました。

大吉さんのプロフィールはこちら👇

テレビ番組などでたくさん活躍している博多華丸・大吉の博多大吉さん、その大吉さんのお子さんがアイドル?アイドル志望?という噂があるようなので...

愛煙家である大吉さんは27年間、一日20本のタバコを吸いつづけていたそうで医者からは完全禁煙をお勧めされたそうです。

この慢性閉塞性肺疾患の治療法には食事療法があるそうで今回はその食事療法について調べてみたいと思います。

スポンサードサーチ

症状

慢性閉塞性肺疾患は一般的に35歳~40歳の人が患いやすい病気と言われています。

主な原因としては喫煙によるもので幼児の受動喫煙は慢性閉塞性肺疾患の発症リスクを高めます。空気汚染などで悪化する可能性もあるそうです。

慢性閉塞性肺疾患は慢性気肝支炎と肺気腫の2つの進行性肺疾患が別々におこる、または一緒に起こるものです。

慢性閉塞性肺疾患は、呼吸困難や喘鳴そして粘液や淡が出る咳が出るのが一般的です。

さらに重症になると皮膚が青くなったり、過度の疲労感、体重減少など重い肺疾患のような症状が出ます。

食事療法

慢性閉塞性肺疾患になると体重低下、栄養不足になる可能性が高まります。呼吸に使われるエネルギーが一般の方よりも10%から25%程増えるためです。食事中に息切れしたりして食べる量が減ったり炎症による代謝で必要なカロリーが増えたりし、必要な栄養量が増えるのに、摂取栄養量が減ってしまうということになってしまいます。

バランスの良い食事をする

・主食として雑穀パンや玄米などを中心にして白米や麺類を控えましょう。

・脂身の多い肉や加工品を控え魚などを取り入れる。

・豆や豆製品を意識して取り入れ野菜などを積極的に取り入れる。

・毎日果物や乳製品を取り入れる。

食事は一日に少しずつ4~6回に分け食べる

食事中に息切れなどをして食事を終わらせるのが苦手な方は軽食を一日に何度か摂るといいでしょう。

脂質やたんぱく質が取れるおやつをうまく取り入れるのも良いらしいです。

まとめ

落語家の桂歌丸さんの死因も慢性閉塞性肺疾患らしく治療せずにいると全身まで悪影響が及び命ににかかわるそうです。

博多大吉さんはこれをきっかけにしてタバコをやめられるようになるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする