米津玄師さんの病気マルファン症候群とは?

紅白歌合戦で「Lemon」を熱唱し多くのファンを魅了した米津玄師さん。

YouTubeにアップされた同曲のミュージックビデオの再生回数は2億回を超え日本レコード大賞特別賞を受賞するなど破竹の勢いで活躍している。

そんな米津玄師さんは2018年10月18日の「HIGHSNOBIETY」のインタビュー記事で自身がマルファン症候群だと告白しました。

そこでマルファン症候群とはどのような病気なのか調べてみたいと思います。

スポンサードサーチ

米津玄師

生年月日・1991年3月10日

出身地・徳島県徳島市

身長・188㎝

シンガーソングライターとして活動しており、所属レーベルはソニーミュージックレコーズ

ボーカロイドクリエイターとして活動した後2012年に「diorama」でソロデビュー

マルファン症候群

マルファン症候群は、身体の結合組織に影響する遺伝子疾患のことで、骨格、肺、心臓、大動脈といった器官に症状が現れます。

先天性の遺伝子疾患で75%は親からの遺伝で残りの25%は突然変異によって新たに生まれていて、現在日本に2万人ほどの患者がいるそうです。

症状

マルファン症候群は一人ひとり症状が異なります。主な症状としては

骨格

高身長でやせた体格、細く長い手足、背骨が曲がる、異常な形状の胸

歯並びが悪い、上顎が深い弓なりになっている。

水晶体亜脱臼または偏位、近視、屈折値が安定しない 網膜剥離、斜視、緑内障

循環器

大動脈の拡張、大動脈弁と僧帽弁の閉鎖不全 大動脈瘤と大動脈の解離

などがあるそうです。

米津玄師さんの瘦せた体型に細く長い手足がこの症状に当てはまりそうです。ちなみに米津玄師さんはTwitterでファンから送られてきたツイートでマルファン症候群を知ったそうです。

治療法

主な治療法はこちらです。

骨格

背骨が曲がらないように固定、または外科手術

歯並びの矯正

メガネやコンタクトの使用、または外科手術

循環器

病院での定期健診、外科手術や内服

などがありますが必ず、マルファン症候群のことを熟知している医師にかかりましょう。
これといった治療法はありませんが、注意深い内科的・外科的処置と、それに適したライフスタイルによって、 飛躍的な予後の改善と延命が可能です。

まとめ

マルファン症候群について調べてみました。調べてみると意外と深刻そうな病気だと思いました。

米津玄師さんにはこの病気に負けずに活躍を続けてほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする