拳四郎と父の身長差はどのくらい?あと彼女はいるの?

2018年の12月30日にWBC世界ライトフライ級タイトルマッチで王者 拳四郎vs挑戦者 サウル・フアレス(メキシコ)が戦います。

そんな拳四郎とその父との身長差がすごいと話題なので今回調べてみたいと思います。

スポンサードサーチ

拳四郎

本名・寺地拳四郎

出身地・京都府城陽市

生年月日・1992年1月6日

階級・ライトフライ級

第39代日本ライトフライ級王者。第35代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。現WBC世界ライトフライ級王者。

拳四郎と父の身長差は?

拳四郎さんの身長は164㎝と小柄ですが、父である元プロボクサーで拳四郎さんの所属しているB.M.Bボクシングジムの会長の寺地永さんとの身長差がすごいと噂です。

父である永さんの身長は189㎝、拳四郎さんが164㎝ですのでその身長差は25㎝!

永さんいわく家系的には、小柄な家系らしく永さんの方が特別な感じなんだとか。

彼女はいるの?

拳四郎さんに彼女がいるのか調べてみましたが、どうやら今はいないようです。

防衛戦やトレーニングで忙しく彼女を作っている暇がないようです。

あと拳四郎さんは童顔の為、可愛いと話題になっていたりするそうであのマツコ・デラックスさんからも「可愛い~」と言われていたんだとか。

もしかしたらそろそろ熱愛報道が出るかもしれませんね。

まとめ

拳四郎さんと父の身長差、彼女の有無について調べてみましたがどうでしたか?

12月30日の試合ではぜひ勝利してほしいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする