レイプ後に生き埋め……犯人の名前は?

15年に当時18歳だった一人の少女が友人の知人の男24歳にレイプされた挙句、生き埋めにされ殺されたという事件がありました。

26日にその判決が確定し、注目されています。

今回はその事件についてと犯人について調べてみたいと思います。

スポンサードサーチ

事件について

事件の舞台になったのは千葉県芝山町だそうで、男は知人である女性の依頼を受ける形ですでに無期懲役が確定している男性と共謀したそうです。

少女を車に連れ込み、両手足を結束バンドで縛ったうえで財布などを強奪したそうです。

その後、少女に性的暴行を加えた後、畑に掘っておいた穴に少女を入れて生き埋めさせて窒息死させたというもので「残虐すぎる行為」「こんなに残虐な殺し方をしても死刑にならないのか…」という声がネットで上がっているそうです。

犯人は?

犯人の名前は中野翔太と井出祐輝いうそうです。

裁判員裁判で中野被告は殺害後、友人に殺害を誇示するようなメール(今の俺さ、最強だよ・ここだけの話さ、人を容赦なく殺せるもん)を送っており精神鑑定の入院中には人気女優の写真を見て過ごしていたそうです。

井出祐樹被告からの指示があったと主張していたそうで、主犯はこの井出被告のようです。ですが中野被告が送ったメールの内容的に犯行に乗り気だったのではと思ってしまいますね…

まとめ

あまりにも残虐な事件ですね、これからはこんな事件が起きないことを願ってしまいますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする