高輪ゲートウェイ撤回する?しない?理由と次の候補は?

JR東日本が発表した山手線新駅の名称が高輪ゲートウェイに決定しましたが、撤回を求める署名が「change.org」というサイト行われています。現在12月11日10時現在では14000人弱の署名を集めています。

今回はその理由と撤回した際の次の駅名候補を調べたいと思います。

またこちらも併せて読んでみてください。

JR東日本は4日、田町駅と品川駅の間に建設中で2020年に開設予定の山手線新駅の駅名の発表をしました。 1973年の西日暮里駅開設から約40年ぶりの新駅は「高輪ゲートウェイ」に決定されました。一般公募した結果6万4052件、1万3228種類あり一番多かったのは高輪、次に芝浦、芝浜と続き高輪ゲートウェイは130位でした。 選定委員会で検討し国際交流の拠点を目指すこと、街道が通っており江戸の玄関口として賑わっていた事から「ゲートウェイ」という言葉を使ったそうです。

スポンサードサーチ

撤回理由

新駅の名称の公募は2018年の6月に始まり6万4000件ちかくの応募があり・高輪・芝浦・芝浜といった駅名が人気を集めていました。ですが決定したのは高輪ゲートウェイ……「なんで?」「地域にそぐわない」などの意見が出ています。また山手線の駅名は漢字二文字から三文字の駅名が多くバランスの悪さ、漢字カナで表記しているスタイルのダサさ、それらの理由があるようです。

それに高輪ゲートウェイの応募票数は36票で130位であまりにも低すぎること、これでは公募にした意味がないと不信感をあらわにする声があります。

なんだか東京五輪のエンブレム問題の時を思い出してしまうのは私だけでしょうね(笑)

ちなみに撤回署名運動は初日で3500人以上、9日で8500人以上の署名が集まっています。

この署名運動を始めた方は能町みね子さんという方でその方の理由は高輪ゲートウェイという長すぎて事務処理的にも問題が生じやすく、地域にも山手線にもそぐわない駅名だからとしています。

次の駅名候補は?

もし新駅名が撤回されたときにきになるのは次の駅名ですよね。

現在では公募の0トップ3の「高輪」「芝浦」「芝浜」の中が最有力候補のようです。

やはりある程度票数の多い名前でないと公募の意味が無いという意見が出てしまいますし、何より山手線の駅名はシンプルの方がいいという意見が多いようです。

新駅名の発表された時もテレビ番組でもあまり評判が良くないと報道されていましたしね。

まとめ

新駅名撤回の署名が始まっていますが、私自身駅名の撤回はしないんじゃないかと思います。(変えて欲しいとは思っていますけどね)

理由としてはJRのこの新駅建設の本気度ですね。JRは13ヘクタールという広大な土地に高層ビルを建てる計画を立てていますし、隣の品川にはリニアが乗り入れ予定、経済効果は1兆円以上と見込んでいるようです。

こんな大計画の最初から躓いていたらイメージも下がってしまいますしJRとしてはちゃんと選考して決めたとして押し通すと思います。パクリとかの問題もなさそうですしね。

これは勝手な持論ですが新駅の名前の「高輪ゲートウェイ」おそらく最初から決定していたものなのではないでしょうか。

思いのほか票数が伸びなかったがきちんと理由付けさえすれば批判されないと思ったのではないかと私は考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする