北方領土2島返還で決着か?

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が11月14日シンガポールで会談し1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉することで合意しました。

スポンサードサーチ

日ソ共同宣言とは?

まず日ソ共同宣言について簡単にまとめてみたいと思います。

・日ソ両国の戦争状態を終結し、外交関係の回復

・日本の国際連合の加盟を支持する

・戦争犯罪の容疑をかけられ有罪宣告をうけた日本人の釈放

・日ソ両国の相互不可侵の確認

・日ソ両国は戦争で生じた請求権を放棄する

・通商関係の交渉開始

・日ソ両国は平和条約交渉を引き続き行い、条約締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡しを行う

ほかにも内容がありますが簡単にまとめるとこうなります。今回重要になってくるのが一番下の

・日ソ両国は平和条約交渉を引き続き行い、条約締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡しを行う

です。


これでは歯舞群島、色丹島しか返ってこない為、93年に東京宣言で四島の名前を明記することができました。このため日本は四島返還に向けて行動していました。

一方ロシアは日ソ共同宣言が原点だとして二島返還のみを主張し交渉は平行線のままでした。

しかし今回安倍首相は1956年の日ソ共同宣言を基礎に交渉することで合意した為二島返還で終わってしまうのか、それとも二島先行返還となり四島返還になるのか注目されています。

二島返還の日本のメリット

二島返還で得る日本へのメリットはロシアとの関係が改善されることです。

ロシアとの関係がよくなっても別に何も変わらないんじゃないかと思いますが対中戦略で重要になってきます。

今までは日本、アメリカ、韓国の三ヶ国で中国に対抗していましたが韓国が日本に対して徴用工問題、慰安婦財団の解散など挑発行動が増えてきたこと。北朝鮮や中国に接近したことで不利な立場に置かれています。

そこでロシアとの関係を改善し、日本、アメリカ、ロシアの三ヵ国で中国な圧力をかけることができます。

でもロシアはアメリカと対立しているのだからロシアにとっては中国と仲良くした方がいいのでは?と思われるかもしれませんがロシアも一番警戒している国は中国です。

その豊富な財源と人口で資源の豊富なシベリア方面への移民を繰り返し、中国系の人を増やし中国化され奪われるのでは?と考えています。

実際スリランカでは高金利返済に困窮し港を中国に引き渡しを行いました。


もし中国よりも日本の方がよいパートナーになってくれるとロシアが考えれば北方領土返還の交渉はうまくいくかもしれません。

まとめ

プーチン大統領はこれまで中国等との領土問題を解消してきました。ウクライナ問題などで受けている制裁の影響で苦しんでいます。

北方領土問題を解決できる千載一遇のチャンスかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする