ポメラニアンについて

ポメラニアンの特徴

ポメラニアンの特徴は、小さい頭に大きな目、手足が短く、ぬいぐるみみたいな見た目が特徴です。

狐のような輪郭をしておりとがった耳を持っておりスピッツというグループに属しています。

体重は1.8~2.3㎏で体高は18~23㎝です。もともとは中型犬だった為、体格が大きい子は体重が4㎏ほどになってしまう子もいるようです。

ポメラニアンの性格

ポメラニアンは活発な犬種です。飼い主と共にいることを望みほかの犬にもフレンドリーに接します。

知性も豊かなのできちんとしつければよいパートナーになってくれます。

ポメラニアンのオスはメスよりも元気で活発な子が多く、甘えん坊な子が多いです。

メスは人懐っこく、おとなしい子が多いです。そのため、オスよりもしつけがしやすいです。

ポメラニアンの毛色

ポメラニアンには10種類以上のカラーの毛色があります。

オレンジ、ブラック・タン、ホワイトなどの主流のカラーやチョコレートやブルーといった滅多に見ないレアなカラーもあります。

オレンジ

華やかでかわいらしい印象を与えるカラーで、太陽の光を浴びるとキラキラと光るため、美しく見えます。

ブラック・タン

ブラック・タンとは、全身のベースカラーがブラックで目の上や、胸、足などにタン(褐色)が入っているカラーのことです。

近年じわじわと人気が出ているカラーで黒柴のような模様をしたポメラニアンだと思ってもらえると分かりやすいでしょう。


ホワイト

ポメラニアンの中で人気のあるカラーです。

真っ白な雪玉のような見た目で、愛される定番色です。ですが子犬のころは、純白な色でも5さい頃には、薄い茶色になっていることがあります。

ポメラニアンの飼い方

ポメラニアンは小型なため室内で飼うことができます。ですがよく吠えるため飼いやすい犬ではありません。きちんとしつければ問題はありません。吠えるのをやめたら思いっきり褒めてあげましょう。褒めてもらえたのが分かればしつけの覚えが良くなります。

ポメラニアンのふわふわな毛を維持するためには、ブラッシングやトリミングをこまめにしてあげましょう。抜け毛を放置すると通気性が悪くなり皮膚病の原因になってしまいます。

また、手足の裏の毛を伸ばしたままにすると、踏みにくくなり関節に負担がかかってしまうのでこまめにカットしましょう。




ポメラニアンはもともと活発なので毎日散歩に行きましょう。一日二回15分程のがおすすめです。室内で走り回っているからといってさぼらない様にしましょう。知らないうちにストレスを抱え込んでしまいます。

ポメラニアンは手足が短いので照り返しなどで体が熱くなってしまうので涼しい時間帯に散歩に連れて行きましょう。

雨などで散歩に連れて行けないときは室内でもできる、追いかけっこやおもちゃなどで遊ばせてあげるとよいでしょう。

まとめ

ポメラニアンはとても元気で活発な犬種です。またカラフルな毛色やぬいぐるみのようなその見た目からとても人気のある犬種です。

きちんとしつければ、とても良いパートナーになってくれるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする