ゴールデンレトリバーについて

ゴールデンレトリバーの特徴

ゴールデンレトリバーは、大型犬人気1位の犬種です。

ゴールデンレトリバーは体高より体長が長く、大型犬でオスは、体高58~61㎝体重29~34㎏

メスは体高54~57㎝、体重は24~29㎏です。大型犬ながら寛容で従順な性格を持つゴールデンレトリバーは初めて犬を飼う方、子供がいる方、マンションなどで飼うにも向いている犬種です。

個体によって明るいクリーム色から暗い赤金色まで多彩な毛色を持っています。

ゴールデンレトリバーの性格

ゴールデンレトリバーは大変賢く、穏やかで人にも犬にもフレンドリーな性格を持っています。縄張り意識が薄いため、誰にでも愛想がよく、番犬には向いていない犬種です。

大変愛情深いため、人のそばにいたがり放置されるのは苦手です。

家族が静かにしているときには静かにし、遊ぶときには一緒に大いにはしゃいで遊ぶなど人間に同調する性格で主人が願っていることを察知し、常に飼い主に気に入られようと努力します。

飼い主への服従心が高く、学習能力も高いためしつけはそれほど難しくありません。しっかりとしつけられたゴールデンレトリバーは、子どもの遊び相手にもなってくれます。

ゴールデンレトリバーの飼い方

ゴールデンレトリバーの飼い方はそれほど難しくありません。しかし毎日続けていかなくてはならない事が多く、飼う際には本当に世話をし続ける事ができるのか、家族の協力が得られるのかどうかよく考えてから飼う事をおすすめします。体も大きく、老犬になってから介護が必要になり体を抱き上げたりしなくてはならない場合もあります。

散歩

ゴールデンレトリバーは、体を動かすことが好きで泳ぐのも得意です。




そんなゴールデンレトリバーは、体力が多くできれば1時間ほど散歩をさせた方がよいでしょう。若く健康的な子ならもっと長くても足りないかもしれません。

ゴールデンレトリバーは、社交的でほかの犬との触れ合いを求めます。問題を起こさないようにするためにも幼いころから散歩中にあった犬をよけたりせず、飼い主の許可があれば積極的にコミュニケーションを取り社会性を身につけさせてあげましょう。

またゴールデンレトリバーは太りやすく運動不足からくる肥満になってしまうので運動をしっかりとらせてあげましょう。

お手入れ

ゴールデンレトリバーは長毛で体が大きいです。手入れはそこまで難しくはありませんが毎日のブラッシングが必要です。ダブルコートなので月に一回から二回シャンプーをしてあげた方がいいですが体が大きいため、毎日のブラッシングが清潔を保つ際に効果的です。

食事

ゴールデンレトリバーの飼い方で注意しなければならない事として、太りやすいので注意してあげなくてはいけないという点があります。体の大きさ、体重に合わせた量を上げ、人間の食事は与えないでください。

またゴールデンレトリバーはアレルギーが多い犬種です。ハウスダストや花粉、ノミやダニ

などありますが特定の食べ物がアレルゲンになっていることも多くあります。犬はもともと穀物を消化するのが苦手です。餌の量を変えても便が緩かったり、嘔吐を繰り返すようなら穀物を除いたフードに変えると良いでしょう。

まとめ

元気で温厚な性格なゴールデンレトリバー。飼い主と一緒に行動するのが好きなこの犬種は深い交流をしながら飼いたい方にお勧めです。体が大きく飼い主にも体力や力がないと飼うのは難しいですが愛情をかけたぶんだけ、それ以上に返してくれる犬種ですので大切に育ててあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする