犬用おもちゃについて

なぜおもちゃが必要なのか

犬は遊ぶのが大好きな動物です。なのでおもちゃが必要です。散歩だけでいいだろうと思う飼い主さんもいるかもしれません。でも、おもちゃは犬の退屈な気持ちを紛らわしたり、知能を高めたり、飼い主さんとのコミュニケーションをとるのにとても効果的です。
もともと犬は自分の力で獲物を捕まえていました。今でも狩りの本能とそれに必要なエネルギーは残っています。

犬におもちゃを与えることで、その余ったエネルギーでものを壊してしまったり無駄に吠えるのを防ぐことができます。




おもちゃの選び方

口にしても安全な素材のものを選びましょう。

犬がおもちゃで遊ぶときは、どうしても口で噛んだりします。そのため口にしても安全な天然素材でできているものや有毒な素材が使われていないものを選んであげましょう。

また特に噛むのが好きな子なら丈夫なものを選んであげましょうぬいぐるみなどは引きちぎって中の綿を食べてしまうかもしれません、縫製がしっかりしたものがいいでしょう。細かい装飾があると誤って飲み込んでしまうかもしれません。

そして適した大きさのおもちゃを選びましょう。小型犬には小型犬用、大型犬には大型犬用

のものがいいでしょう。

では次にどのような遊び方があるのか確認していきましょう

大別すると 飼い主さんと一緒に遊ぶ遊びと犬が一匹で遊ぶ遊びがあります。

飼い主と一緒に遊ぶ遊び


飼い主さんと一緒に遊ぶ遊びはボールやフリスビー等を投げて持ってこさせる遊びですね。あとは頑丈なひもなどを使って一緒に引っ張り合いをする遊びがありますね。

もってこいの遊びは、元々持っている狩猟本能を刺激しますしとてもいい運動になります。室内で遊ぶ際にはやわらかく丈夫なボールなら遊ぶことができます。

引っ張り合いは場所を問わず遊べますし、犬のストレス解消にもつながり効果的です。

犬が一匹で遊ぶ遊び

飼い主さんが忙しかったり、外出している時など、ワンちゃんが一匹だけの時でも遊ばせることができ退屈でいたずらをしたり吠えるこういを減らせます。

犬が一匹で遊ぶ遊びは基本的にボールやぬいぐるみを噛んだり、降りまわす遊びですね。

またおもちゃの中におやつに入れられるものがあります。おもちゃの中におやつがあれば一生懸命それを取ろうとします。

与えるとあっという間になくなるおやつも、こうして与えればお留守番の時の良い暇つぶしになり犬の退屈をしのぎ、ストレス発散にとても役立ちます。

まとめ

犬のおもちゃの中には、遊びながら学習ができる知育おもちゃがあります。飼い主さんも一緒に遊べば運動にもなりコミュニケーションを深めることもできます。うまくできた時に飼い主さんに褒められれば、わんちゃんの喜びも一層大きくなること間違いなしです。

様々な事情で、どうしても散歩に行けなかったり、ワンちゃんの相手ができない日もあると思います。

イライラして吠えたり、とんでもないイタズラを始める前に家の中で遊んであげたり、おもちゃを与えてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする